秋になりました。さぁ、沢山のおいしい食べ物が待っていますよ!まっすぐお家に帰りましょう!
オリオンドラフトビール写真1

爽やかなのどごしがクセになる!オリオンドラフトビールを飲んでみた

どうも皆さんこんにちは。

ビールというのは実に様々な味があり、日本国内で販売されている同じ種類のビール(ピルスナータイプ)でも苦味が全く違うこともある面白い飲み物です。

今回はその中でも僕がビールの中でも一番好きなオリオンドラフトビール(通称オリオンビール)を紹介していきます。

オリオンビールについて

オリオンビールは沖縄のオリオンビール株式会社が醸造しているビールで、昭和32年から今に至るまで沖縄だけでなく全国各地で愛されているビールブランドです。

最近ではクラフトビールの生産を行ったりアセロラやマンゴーなどのフルーツを使ったビアカクテルを発売するなど、様々な角度からユーザーにアプローチしている印象がありますね。

商品概要

オリオンドラフトビール

商品名オリオンドラフトビール(生ビール)
容量350ml、500ml
アルコール度数5%
栄養成分(100ml当たり)エネルギー/41kcal
たんぱく質/0.2~0.5g
脂質/0g
糖質/3.4g
食物繊維/0g
ナトリウム/0~8mg

オリオンビールを飲んでみた

オリオンドラフトビール写真1

生ビールらしく細かな泡が特徴的で、ホップの爽やかな香りが鼻をツンと抜けます。

実際に飲んでみるとわかるのですが、噂に違わぬ飲みやすさに驚きました。

口に含むと思った以上に苦味が少なく、少し言いすぎかもしれませんが、水のようにごくごく飲めます。夏場の暑い時期に太陽の下で飲みたいビールですね。

オリオンドラフトビール写真2

(写真のピントが合ってなくてスミマセン…笑)

念の為3缶買ってきていたオリオンビールですが、気付いたら無くなってました。

飲みやす過ぎるので、お酒の弱い方は飲み過ぎに注意したほうが良さそう…ちなみに私は後3本くらいならさらっといけそうです。

オリオンビールは口当たりが軽いので、レモン果汁を入れたりジンジャーエールと合わせてシャンディガフにしても美味しくいただけると思います。

オリオンビールに合いそうなおつまみ

オリオンビールといえば沖縄の代名詞とも言えるビールなので、やはりここは沖縄料理をおすすめしたい所。

好みはわかれるかもしれませんが、ゴーヤチャンプルーなどと相性が良いですね。

また、個人的にはポークランチョンミートを薄くスライスしてカリカリに焼いた物をおつまみにするとお酒が進んだのでおすすめ(味が濃いので少量で十分かも)

ランチョンミートは加熱しなくても食べれます。ただ、油が固まっている場合があるのでレンジで10秒ほど温めるのがベスト!

まとめ

オリオンビールは他の有名メーカーのビールに比べても飲みやすいので、ビールの苦さを苦手としている方にもオススメできる一品です。

ドラフトビールをそのまま飲んでも美味しいですが、フルーツビアカクテルの商品がもっと増えてくれると嬉しい所なので、オリオンビールさん期待しています!

宅飲み情報サイト「TAKNOM(タクノム)」はこれからも宅飲みの良さを伝えるための情報を更新していきます。

オリオンドラフトビール写真1
最新情報をチェックしよう!